読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トートの書物

適当に書きます。

ヒストリエー10

自分の知らない物語は無数に存在する。

その全てを知ることはできないだろうし、また知る意味もない。

だが知りたいと思うことはいつでもできるし、また物語が書物として無数にあるが故、どこかの物語を読むことはできる。

 

f:id:raciyuci:20170326212246j:image

 

歴史を学ぶというとなんたらかんたら条約とかうんたらかんたら王朝とか、そういう字面を眺め、覚えるという作業が多くなる。

その条約のためにどれだけの人間がくたばり、またどれだけのその場しのぎの知恵が絞られたかというのはあまり重要ではなく、せいぜいその背景をチラッと舐める程度のものだ。

勿論これは歴史ではなくフィクションというくくりなのだが、その歴史の背景を考え、史実を取り入れつつ物語として昇華させ、作品として発表したこのヒストリエはとても面白い。

「地平線まで続く自由などありえない」

自分もこんなこと言われてプロポーズを断られたいものだと思うが、書を好み猫を呼び寄せる能力を持った少年が成長し、最初は自分から、2度目は相手から、状況によって自由という意思を貫けない様を見ると作者鬼だな~と思いつつ、そのあとすぐに「おっしゃ逃げてマケドニアに逆襲」とか考えてる淡々とした軽さがテンポ良い。

正直、世界史の特にこの時期についてはほとんど勉強した覚えがない。

世界史と言えばこの物語に時代的に近いが、最近薦められて塩野七生氏の「ギリシア人の物語」の1巻と2巻を読んだが、2000年前から人は愚かだな~と感じたくらいだ。3巻まだかな。

だがこのヒストリエのように聞いたこともないような史実を物語として昇華させ、作品を読めるというのは、とても幸せなことだ。

ちなみに本巻で一番笑ったのは、カイロネイアの戦いで王子が敵陣形後方に回りこみ撫で切り駆けをし、手持ちの剣が折れちゃったのでよっこらせとてくてく歩いて敵の死体から剣をはぎ取っている時に、死体から盾が落ち地面で撓んでいる時の効果音が「わんわんわんわん」と子犬が鳴いてるようなかわいらしいフォントだったことだ。

多分これ、盾みたいなの地面に落として音が犬っぽいな~と実験したんだろうな~と、実験してる作者のおっさんを想像したら笑えた。

カリギュラ-1

ゲームをするというのは読書をするのとあまり変わらないと前から言っているがなかなか理解されない。

読書が良いとされる理由、ゲームが違うとされる理由、それぞれ色々言い分はあるだろうし、まあそれはそれでいいんじゃないかな~とも思うが、カテゴリーの分け方の問題でしかないと思っているので、そこまで拘ることでもないと思う。

例えば読書が良いとされる理由で、教養がつく、などと言う人もいるが、世の中には阿呆のような本はたくさんあるので、一概に読書という行為を以って教養がつくというのはまさしく教養がない意見だ。

読書やゲームがもたらす結果とかではなく、自分の場合人がどう動くかでカテゴリー分けしているので、データが入る、それに対して反応する、ということでは読書もゲームもあまり変わらない。

アウトプットが要求されることを前提としている勉強とインプットのみの読書は性質が全く違うし、勉強と例えば将棋のようなゲームは性質が近いと考えているが、読書と勉強はほぼ同一視されてる気がするし、勉強と将棋は性質が違うものと考えられる。

難儀なものだ。

さてゲームや読書、色々違ったり同じだったりするかもしれないが、共通するのは、良書・クソゲーなど、評価がついてしまうということだ。

上記のような自分の中ではインプットしかないようなコンテンツというのは何かしらの評価をされてしまうことが多い。

データに優劣などない、というほど自分もドライではないので、クソゲークソゲーとして唾棄することは厭わない。

 

先日のクソゲー祭りの2本目、カリギュラというゲームをプレイした。

f:id:raciyuci:20170210224724j:image

 

f:id:raciyuci:20170210224728j:image

さて、注目すべきはシナリオ里見正、サウンド増子司である。

女神異聞録ペルソナのスタッフだ。

いや正直、パッケージを見た瞬間の「もう捨てよう」という感情が一瞬やってみようかなに変化したくらいだが、そのくらいしか希望を見出すことができなかったので、そういうのが全くないゲームよりはましだと思い、とりあえず手を付けた。

開始5分、やめようか悩む。

開始10分、やめる。が、もうちょっとだけ頑張ろうと思い、せめて最初のボスくらいなんとか、と奮い立つ。が、とりあえず電源を切る。

開始60分、どうやら中ボスでバグにはまったらしく、相手を倒せず、相手は攻撃をして来ない状況で戦闘から離脱もできないことを確認したので、電源を切る。

f:id:raciyuci:20170210224743j:image

上記画面が自分が最後に見た画面となる。

駄目な点を挙げるのは非常に簡単だ、というのが一般的認知度の高いクソゲーの共通項ではあるが、このゲームの駄目な点というのはなかなか挙げづらい。もしかしたらそれに気づかずに頑張ってしまった人もいるのではなかろうか。

 

現時点で判明しているストーリー。

舞台は高校だが、その高校はネットワーク上に作成されたVRである。

高校生は3年で卒業したらまた1年で入学するという時系列的ループが発生しており、主人公を含む帰宅部というメンツはその中で自我を持ち、現実の世界に戻ることを目的としている。

そのVRはμというネットアイドルによって作成されており、帰宅部を除く高校生達は皆そのネットアイドルの熱狂的ファンであり、μのファンでない帰宅部を見つけるとその素晴らしさを伝えるために襲ってきて、戦闘になる。

主人公には妖精のような見た目の別のネットアイドル(もう名前忘れた)の力により、自分の自我の発露により精神的武装を行い、熱狂的ファンに対抗する、という感じのようだ。

ストーリは今のところこんな感じだが、今後多分トラウマを克服するとか妖精と共に現実世界とのつながりを見つけるとかで強化されてったりするのだろう。

まあ、ストーリはなんでもいい。どんなクソ小説でも最後の一節だけ良ければそれでいいということもある。

 

本を読むこととゲームをすることの最大の違いはユーティリティだ。

本は文字と一部挿絵で構成されており、章、節などの文章的技術と物理的ページによってロードが出来るコンテンツと言える。

文字はフォント、文字の大きさ、紙質など作品ごとに差異はあるが、少なくとも日本の本の規格はそこまで変わらないので、一度慣れてしまえば紙媒体でも電子媒体でもそこまで違和感なく操作ができ、どの作品に接してもユーティリティに不満を持つことはほとんどない。

ゲームはそれが作品ごとに違う。

アクションゲームとロールプレイングゲームシューティングゲームなど、ジャンルによっても同じキー操作を予定することはほとんどないし、また作品ごとに同じ意味を持つキーが違うなど、毎回それを覚えなければならない。本をめくる、という動作がすべての作品で違うとしたら、本を読む人間は激減するだろう。

とは言え、大体ゲームも製作者やジャンルによって、大体はキー操作やその他のシステムはあまり変わらない。

なんとなく出来る、というレベルはどのゲームにおいても最低限補完していることだろうし、その上でストーリ性、革新的なシステムなどを売りにして市場に出しているのが大体のゲームだ。

しかしこのゲーム、簡単に言うと、それに甘えすぎてる気がする。

例えばドラクエとか長寿シリーズものなら、なんとな~く村人に情報聞いて、なんとな~く歩いて、なんとな~くホイミ使えば回復して、とかそんななんとな~くを積み重ねていって序盤から中盤にかけてなんとなくシステムを把握していく仕様でも問題ないと思う。

別にチュートリアルをがっつりやれというわけではないが、ストーリが意味不明な上戦闘、移動その他諸々のシステム全般、適当に処理していてやる気にならない。

少なくともゲームは、操作が必要となるコンテンツなわけで、それを快適に、可能であれば楽しめるようにするのはゲームデザイン上必要だと思うし、それをおざなりにしているゲームはどんないい要素があろうがクソゲーだ。

ストーリだけ見てほしいならゲームにせず、本でも書いてくれ。

多分このゲームは2度とやりません。

誰か欲しい人がいたらあげますので、やってみてください。

で、ストーリーをレポートしてください。

 

ユーザビリティエンジニアリング原論―ユーザーのためのインタフェースデザイン (情報デザインシリーズ)

ユーザビリティエンジニアリング原論―ユーザーのためのインタフェースデザイン (情報デザインシリーズ)

 

 

刻のジレンマー1

昨晩いわおと飲んでいるときクソゲー交換会を行った。吉祥寺ドラマにおいて2本のゲームソフトを購入し譲渡。自分も2本のゲームを受け取った。内容はもちろん知らない。なるべくクソゲーっぽいものを選んで、とりあえずやってみるものだ。

 

そのうちの1本が、本作「刻のジレンマ」である。

 f:id:raciyuci:20170205153535j:image

スパイクチュンソフトが製作・販売している極限脱出アドベンチャーとある。

 

さて、とにかく起動してみて、ゲームを開始した。

 

隔離された牢獄の数か所に何人かの男女と頭に被り物をした子供が1人閉じ込められて、何故閉じ込められたのかも不明のようだ。

そこにからくりサーカスのしろがねのようなマントにマスクを付けた人物が一人現れる。

「1匹のかたつむりが世界を滅ぼすことがある」などと訳の分からない供述を始め、賭けをしようといいだした。

 

閉じ込められた数人の男女のリーダーはカルロスと言う青年らしく、しろがね(仮)はカルロスの選択を全員の選択としてみなすと言う。
 
さて、ゲーム開始して初の選択肢だ。
 
しろがね(仮)はコインをトスした。1面に青、その裏面赤が塗られているコインである。
正解を選べば牢獄に捕われている全員を解放、間違えれば少なくとも6名が死ぬまでは解放しないとしろがね(仮)は言う。
 
赤を選んでみた。
合ってた。
解放された。
 
 f:id:raciyuci:20170205155258j:image
 
えっ?
 
ゲーム終わりました。はいクソゲーでございます本当にナイスチョイスありがとうございました。
 
まあエンディングの1つに過ぎないという話なので、青を選んできっとストーリーとかやれば面白そうなんですけど、そんな気力ないし、むしろいつぶん投げるかを楽しむイベントみたいなものなので、多分このゲームはもう2度とやりません。
 
誰か欲しい人がいたらあげますので、やってみてください。